障害者雇用

障害者雇用の現状その2

今日本にいる障害者をすべて雇用出来るだけの受け入れ先は実際の所は難しいというのが事実あります。
これは景気の良し悪しも関係している所がありますから、障害の有無や軽度といった問題だけではありません。
日本にいる人全ての人を雇用するというのは難しい面があります。

 

確かに、中には人手不足に嘆いている雇用先もありますが、人というのは、個性がありますから、得意不得意といった分野が必ずあります。
最近では、接客販売業には人手不足が見受けられるようになっていますが、これにはコミュニケーション能力を求められる為に、いくら仕事をしたいと考えていたとしても、人と話すのが苦手な方には従事させる訳にはいきません。

 

しかし、それでも障害者を雇用し、障害の程度に応じた仕事を任せている会社も数多く存在しています。
会社を運営していく上では様々な仕事があり、例えばファイリングや荷物の整理、社内清掃などが挙げられます。
プログラミングを得意としている人がファイリングや荷物の整理をしている時間を割いてまでプログラミングを行い、業務に集中することに一役買っており、会社全体の業務を円滑に進めていく上では重要な役割を果たしていると考えられます。

 

障害の程度に合わせて業務を行えるように作られている工場なども存在しており、雇用する従業員の障害の状況に応じて仕事を任せていることから、雇用されう側も働きやすく、身心に痛みなどを感じた場合は休暇を取りやすくなっているます。

 

今現時点では、あまり難しくないような仕事を任せていることが多くはなっていますが、それでも社会の一員としてきちんと役割を与えられるように工夫されています。
確かに、高度なプログラミングをしたり、接客販売にしても高いコミュニケーション能力を必要としない程度のお店に従事している事がありますが、今後の医療と機械の発展によってこれらの雇用は変わってくることが予想されます。将来的にはより働きやすい環境が整っていくことでしょう。