障害者雇用

障害者雇用のメリット

近年では、バリアフリーやノーマライゼーション、ユニバーサルデザインなど、障害者も健常者と変わらない生活を送ることができる社会を実現するための活動が、全世界において活発化しています。それは企業活動においても同様であり、代表的なものとしては、障害者雇用促進制度によって、民間企業には一定数の障害者を雇用することが義務付けられています。では、より障害者雇用についての理解を深めるために、これによるメリットを、企業側と障害者側の両側面から見ていくことにしましょう。

 

企業側にとっては、まず単純に人材を確保することが可能となります。特に最近では、どこの業種でも人材不足に悩まされており、ひいては企業の生産性や将来性にも影響を与えています。障害を持った人であっても、しっかりと訓練すれば戦力になるし、場合によっては健常者よりも熱心に働いてくれることもあるため、積極的に採用することが望ましいです。さらに、国や自治体などから助成金を支給されることが多く、企業における費用の中でも高額を占める人件費を抑えながら、人材を確保できる点においても大きなメリットといえるでしょう。

 

次に、雇用される障害者側のメリットについてです。障害を持っている以上、健常者と比較して何らかのハンディキャップがあることは事実なので、企業から働きやすい環境を提供してもらえることが多くなります。たとえば、それぞれの障害の程度に応じてやりやすい業務を与えてもらったり、退社や休日に対して寛容に対応してもらったりすることなどが挙げられます。もちろん、ある程度仕事ができるようになれば、それなりの責任やより大きな仕事などを任せられることもあるので、やりがいや充実感を感じながら働くことが可能になります。障害者側が企業で上手く働けるようになることや、様々なメリットを受けるためには、自分の障害の程度や種類をよく理解した上で、それに適した職種を選ぶことです。場合によっては賃金が低かったり、雇用体系が安定していなかったりと、様々な条件はあるにしても、まずは働くことを第一に考え、慎重に判断するようにしましょう。